ドア錠破り

鍵犯罪に見られる種類の一つに、「ドア錠破り」があげられます。
ドア錠破りとは、その名の通りドア錠を破って進入する犯罪手法のことを指します。ドア錠破りの具体的な手法とは、扉と壁の隙間にバールを差し込み、テコの原理を利用して一気にドアをこじ開けます。大胆な手法でもあるので、人の目に付くような一戸建てよりもマンションなどの集合住宅に多く見られる手法ではありますが、業者を装って犯行に及んでいるケースも珍しくはありません。その場合は、一戸建てもガンガン狙われてしまいます。
ドア錠破りを防ぐ対策法としては、まず第一に「ガードプレートの設置」があげられます。ガードプレートとは、ドア錠を覆うカバープレートのことを指し、それを利用して扉と壁との間を埋めてしまうことで、バールを差し込むのを防ぐことができるのです。そもそもドア錠破りは、バールが差し込めなければ成功することはできません。
ガードプレートの他にも、一つの扉に二つの鍵を取り付ける・・・つまりワンドア・ツーロックにすることで、鍵犯罪は十分防ぐことができるのです。鍵犯罪を行う人物の心理としては、やはり「短時間で作業を終わらせたい」といったことがあげられます。特にドア錠破りなどの手法を取る人物は、特にそう考える場合が多いでしょう。ワンドア・ツーロックであれば、作業に時間がかかることは明白でもあることから、事前に犯罪を防ぐことができるのです。