鍵紛失の場合

代表的な鍵トラブルの種類として、「鍵紛失」があげられます。鍵紛失とは、いわゆる鍵をなくしてしまうことを指します。
どこかで鍵を落としてしまったり、どこかに鍵を置き忘れてしまうなど、鍵を紛失してしまう理由はさまざまです。恐ろしい理由としては、何者かに盗まれた場合も考えられます。その場合は、早急に鍵屋に依頼し、鍵を交換してもらうのが賢明でしょう。そうすることで、鍵紛失に関するトラブルだけでなく、後々のトラブルも事前に防ぐことができます。

サムターン回し

鍵犯罪に見られる種類の一つに、「サムターン回し」があげられます。
そもそもサムターンとは、扉の内側で鍵をかけるために回す“つまみ”のことを指します。マンションやアパートなどでよく見かけるドアポストなどに手を入れ、そこから手を伸ばしサムターンを回す手法であったり、工具などを使用して覗き穴部分を引っこ抜き、そこから特殊な工具を入れてサムターンを回す手法、または扉の隙間や窓の隙間から工具を入れ、サムターンを回す手法など、その手法はさまざまです。そもそも扉や窓ガラスを割って、そこから手を伸ばしサムターンを回す手法もあげられます。
サムターン回しを防止する方法としては、サムターンに簡単には触れられないよう保護する「サムターンカバー」などが販売されているため、それを利用するのもいいですし、扉に鍵を一つだけでなく、二つ付ける「ワンドアツーロック」にするなど、さまざまな対策法が考えられます。
ワンドアツーロックにした場合、サムターン回しをするのに時間がかかるのは明白なので、最初から諦めてしまう泥棒が多いようです。

ピッキング

鍵のトラブルにはさまざまなトラブル内容があげられますが、その中には「犯罪」も含まれます。そう、鍵にまつわる「鍵犯罪」が、近年横行しているのです。
一言で「鍵犯罪」とは言っても、それにはさまざまな犯罪の種類があげられます。
まず一つ目にあげられる犯罪の種類として、「ピッキング」があげられます。ピッキングとは、何かしらの道具を用いて鍵を開錠する行為のことを指します。主に不正開錠に使われる言葉でもあり、鍵犯罪の中でも代表的な犯罪手法の一つです。
ピッキングを利用した犯罪の場合、主に3人前後の複数人で犯行に及ぶケースが多いです。ピッキングにはある程度の時間がかかるため、主に実行犯の他に見張り役がおり、短時間でスムーズに作業が進められるよう役割分担をしているのです。2000年以降、ピッキング被害は急増しており、それは首都圏を中心に全国に広がっています。

しかし、ピッキングは簡単に防ぐことができる鍵犯罪でもあるのです。
ピッキングを防ぐには、ピッキングがしにくい内部構造となっている鍵穴に変えてしまえばいいだけであり、ディンプルキーやロータリーディスクシリンダーに鍵交換すれば、いくらでも事前に防ぐことができるのです。