ピンシリンダー

一般的な鍵の種類にはいくつかの種類があげられますが、それを大きく分類すると3つの種類に分けることができます。その3つの種類とは、「ディンプルキー」と「ロータリーディスクシリンダー」、そして「ピンシリンダー」があげられます。
ディンプルキーとロータリーディスクシリンダーに関しては、比較的近年多く見られるようになった鍵ではありますが、ピンシリンダーに関しては、以前からさまざまなシーンで幅広く使われていた鍵となっています。マンションやアパート、一戸建てなどの住宅玄関であったり、勝手口の扉、机の引き出しの鍵であったり、金庫や倉庫、南京錠の鍵など、さまざまなシーンで活用されてきた鍵となっているのです。
ディンプルキーに関しては、さまざまな差し込み方向に対応した鍵となっていますが、ピンシリンダーに関しては、一定の方向でしか差し込むことはできません。基本的にそれに慣れている方は多く、特に不満を感じない方は多いですが、一度ディンプルキーを経験した方であれば、ピンシリンダーを使いにくく感じる方も少なくはありません。

ロータリーディスクシリンダー

一般的な鍵の種類にはいくつかの種類があげられますが、その中の一つに「ロータリーディスクシリンダー」があげられます。
鍵穴のことを「シリンダー」と呼ぶのですが、ロータリーディスクシリンダーの鍵が差し込まれる鍵穴の内部構造は、まるで曲線を描くかのように金属版がぐるぐると並べられています。この金属版のことは「ロータリーディスク」と呼ばれ、そのことから「ロータリーディスクシリンダー」と呼ばれる鍵となったのです。
ロータリーディスクシリンダーには、大きく分けて2つのタイプが存在しており、鍵の表面にくぼみがあるタイプのものと、鍵の表面に刻みがあるタイプのものとが存在します。鍵穴内部の構造は、上記でもあげている通り比較的複雑な構造となっていますので、ピッキングなどの不正開錠を防ぐのに役立つ他、内蔵されている部品が超硬部品なため、破壊にも強い鍵となっているのです。
表面に刻みがあるタイプもあるため、どこかに引っかかってしまう可能性も無きにしもあらずではありますが、比較的扱いやすい鍵となっています。

ディンプルキー

一言で「鍵」とは言っても、それにはいくつかの種類を見ることができます。鍵自体の形状であったり、鍵穴内部の構造によって種類は大きく異るのです。
まずあげられる鍵の種類として、「ディンプルキー」があげられます。ディンプルキーとは、別名「ディンプルシリンダー」とも呼ばれます。
ディンプルキーの特徴としては、鍵の表面に複数のくぼみがあることが特徴の一つです。その鍵が差し込まれる鍵穴の構造は複雑化しており、ピンが複数列に渡り内蔵されています。このように鍵穴内部がかなり複雑でもあることから、ピッキングなどの不正開錠が困難でもあり、防犯性にかなり優れた鍵となっているのです。
ディンプルキー製品の中には、不正複製防止システムが内蔵されているものも存在しています。そういったものであれば、より防犯性に優れているでしょう。
表面にはくぼみしかなく滑らかな作りとなっていますので、どこかにひっかかるようなことはありません。