ディンプルキー

一言で「鍵」とは言っても、それにはいくつかの種類を見ることができます。鍵自体の形状であったり、鍵穴内部の構造によって種類は大きく異るのです。
まずあげられる鍵の種類として、「ディンプルキー」があげられます。ディンプルキーとは、別名「ディンプルシリンダー」とも呼ばれます。
ディンプルキーの特徴としては、鍵の表面に複数のくぼみがあることが特徴の一つです。その鍵が差し込まれる鍵穴の構造は複雑化しており、ピンが複数列に渡り内蔵されています。このように鍵穴内部がかなり複雑でもあることから、ピッキングなどの不正開錠が困難でもあり、防犯性にかなり優れた鍵となっているのです。
ディンプルキー製品の中には、不正複製防止システムが内蔵されているものも存在しています。そういったものであれば、より防犯性に優れているでしょう。
表面にはくぼみしかなく滑らかな作りとなっていますので、どこかにひっかかるようなことはありません。