ピッキング

鍵のトラブルにはさまざまなトラブル内容があげられますが、その中には「犯罪」も含まれます。そう、鍵にまつわる「鍵犯罪」が、近年横行しているのです。
一言で「鍵犯罪」とは言っても、それにはさまざまな犯罪の種類があげられます。
まず一つ目にあげられる犯罪の種類として、「ピッキング」があげられます。ピッキングとは、何かしらの道具を用いて鍵を開錠する行為のことを指します。主に不正開錠に使われる言葉でもあり、鍵犯罪の中でも代表的な犯罪手法の一つです。
ピッキングを利用した犯罪の場合、主に3人前後の複数人で犯行に及ぶケースが多いです。ピッキングにはある程度の時間がかかるため、主に実行犯の他に見張り役がおり、短時間でスムーズに作業が進められるよう役割分担をしているのです。2000年以降、ピッキング被害は急増しており、それは首都圏を中心に全国に広がっています。

しかし、ピッキングは簡単に防ぐことができる鍵犯罪でもあるのです。
ピッキングを防ぐには、ピッキングがしにくい内部構造となっている鍵穴に変えてしまえばいいだけであり、ディンプルキーやロータリーディスクシリンダーに鍵交換すれば、いくらでも事前に防ぐことができるのです。