ピンシリンダー

一般的な鍵の種類にはいくつかの種類があげられますが、それを大きく分類すると3つの種類に分けることができます。その3つの種類とは、「ディンプルキー」と「ロータリーディスクシリンダー」、そして「ピンシリンダー」があげられます。
ディンプルキーとロータリーディスクシリンダーに関しては、比較的近年多く見られるようになった鍵ではありますが、ピンシリンダーに関しては、以前からさまざまなシーンで幅広く使われていた鍵となっています。マンションやアパート、一戸建てなどの住宅玄関であったり、勝手口の扉、机の引き出しの鍵であったり、金庫や倉庫、南京錠の鍵など、さまざまなシーンで活用されてきた鍵となっているのです。
ディンプルキーに関しては、さまざまな差し込み方向に対応した鍵となっていますが、ピンシリンダーに関しては、一定の方向でしか差し込むことはできません。基本的にそれに慣れている方は多く、特に不満を感じない方は多いですが、一度ディンプルキーを経験した方であれば、ピンシリンダーを使いにくく感じる方も少なくはありません。