ロータリーディスクシリンダー

一般的な鍵の種類にはいくつかの種類があげられますが、その中の一つに「ロータリーディスクシリンダー」があげられます。
鍵穴のことを「シリンダー」と呼ぶのですが、ロータリーディスクシリンダーの鍵が差し込まれる鍵穴の内部構造は、まるで曲線を描くかのように金属版がぐるぐると並べられています。この金属版のことは「ロータリーディスク」と呼ばれ、そのことから「ロータリーディスクシリンダー」と呼ばれる鍵となったのです。
ロータリーディスクシリンダーには、大きく分けて2つのタイプが存在しており、鍵の表面にくぼみがあるタイプのものと、鍵の表面に刻みがあるタイプのものとが存在します。鍵穴内部の構造は、上記でもあげている通り比較的複雑な構造となっていますので、ピッキングなどの不正開錠を防ぐのに役立つ他、内蔵されている部品が超硬部品なため、破壊にも強い鍵となっているのです。
表面に刻みがあるタイプもあるため、どこかに引っかかってしまう可能性も無きにしもあらずではありますが、比較的扱いやすい鍵となっています。