サムターン回し

鍵犯罪に見られる種類の一つに、「サムターン回し」があげられます。
そもそもサムターンとは、扉の内側で鍵をかけるために回す“つまみ”のことを指します。マンションやアパートなどでよく見かけるドアポストなどに手を入れ、そこから手を伸ばしサムターンを回す手法であったり、工具などを使用して覗き穴部分を引っこ抜き、そこから特殊な工具を入れてサムターンを回す手法、または扉の隙間や窓の隙間から工具を入れ、サムターンを回す手法など、その手法はさまざまです。そもそも扉や窓ガラスを割って、そこから手を伸ばしサムターンを回す手法もあげられます。
サムターン回しを防止する方法としては、サムターンに簡単には触れられないよう保護する「サムターンカバー」などが販売されているため、それを利用するのもいいですし、扉に鍵を一つだけでなく、二つ付ける「ワンドアツーロック」にするなど、さまざまな対策法が考えられます。
ワンドアツーロックにした場合、サムターン回しをするのに時間がかかるのは明白なので、最初から諦めてしまう泥棒が多いようです。